Home お知らせ 「アメリカカンザイシロアリ予防」の普及に向けて

2021/05/24

CATEGORY:

「アメリカカンザイシロアリ予防」の普及に向けて

5月18日、エコパウダー代表の齋藤信夫が自民党本部を訪問し、同じ気仙沼出身で同窓生でもある小野寺五典衆議院議員・元防衛大臣に「厄介な外来種アメリカカンザイシロアリ対策への行政支援」を陳情してきました。

DSC_0939.jpg

通常のシロアリと異なる生態をもつアメリカカンザイシロアリには、従来の「土壌から1mの高さまで」のシロアリ予防処理では不十分です。

エコボロンによる全構造部材の予防処理を採用されるビルダー様も増え始めていますが、全体から見ればその割合はほんの僅かであり、99%以上の住宅はアメリカカンザイシロアリ被害に無防備ともいえる状態です。特に被害多発地域では、行政による積極的な支援、啓蒙を行っていただきたい所です。

エコパウダー社は、外来種アメリカカンザイシロアリに負けない『長持ち住宅』の実現と、その仕様が広く日本の家造りに根付くよう、全力で取り組んで参ります。